院長プロフィール

白川織江

1976年 東洋鍼灸専門学校卒業。
1年間経絡治療の先生の元で見習いを経て、1977年 東高円寺にて鍼灸治療院呼泉堂 開設。
1978年から4年間、年に1度フィリッピンにボランティアで針の指導。
1987年から 2007年まで、臨床の傍ら中医学を学ぶために、天津、上海、北京、南陽へと短期留学。
呼泉堂の名前の由来は、聖霊の泉が涌き出るようにと、ある方が名付けてくださいました。一人ひとりを大事にできる治療の場でありたいと願っています。 各種治療で効果の期待できない方や、病院で治療の打ちきりを言われて落ち込んでいらっしゃる方のお役にたてればと心より願っています。


▲ページトップに戻る