鍼灸治療

呼泉堂では日本針ではなく、中国針を使います。
中国針は日本針と比べて少々太く、針先が鋭くありません。
これは、針を刺したときに重さ・響きを感じるためです。この重さ・響きは痛みとは異なり、経絡の下にある気に触れたときの感覚です。これは治療する際にはとても大切になります。 針によって全身がリラックスすると、治療中に眠ってしまう方もいらっしゃいます。
一人ひとり、感じ方や痛みの感覚も異なりますので、その方にあった針の打ち方がありますし、細い針を使う場合もあります。 中国針では、足りないものを補うことと、体のなかに停滞しているものの流れをよくすることによって治療していきます。

 患者さんの症状に合わせて灸を使った治療も行います。



患者さまの状態や症状に合わせて漢方薬の小さな種を 耳に貼る耳穴治療を用いる場合もございます。



血液循環をよくし、筋肉のコリをほぐすため抜罐(ばっかん)を施術する場合もございます。



▲ページトップに戻る


治療院の様子

患者さまがゆったりリラックスして治療が受けられるよう努めております。
当院はベッドが5台あり、各ベッド仕切りがございます。 治療の際に着替えていただく衣服もご用意しております。


衛生面の管理について
治療に使用する針は、1回限りの『使い捨て針』です。使用する前には滅菌処理を行っています。
滅菌処理済みの鍼は使用するまで『紫外線殺菌保管庫』に保存します。



▲ページトップに戻る